昨日までの疲労感?、
いやこれは細胞レベルの心地よい筋肉痛みたいな。
・・・・、何をこの人は言ってるのだろう?
今日になって細胞がようやく落ち着いてきた。
・・・・、Van Halenのライブ後。(笑)
$自然のレッスン ~ 過去をクリアーに、現在にフォーカス、そして未来のケアへ
それほどまでに、凄まじかった。
何が?
音楽が、音が、VHのパフォーマンスが、私のからだに与えた
衝撃度が。
1983年、私がちょうど中学生2年のころ、初めて聞いたVH。
You really got me ,Runnin with the devil,
Panama, Jump,Hot for teacher,・・・・・・。

Panamaは、プロレスで言えば、私の入場曲。(笑)
そして、リクエストしていないのに勝手に友人が入れる曲NO1。


この感じたことのなかった疲労感、心地よさは、
たぶん『集中』していたからだと思う。
VHの奏でる一音一音に、一挙手一投足に、
私だけでなく、観客一人一人がそれぞれに集中していたLive。
1週間前まで、まさかこんなことになるとは思ってなかった。
何で?
1ヶ月前、本屋で立ち読みしてて、VHが来ることは
知ってましたが、仕事あるし、もうチケットないだろうな。
でも、これが最後の来日になるかも・・・。
本当は見たいな~っていうフィーリングはありました。
1週間前、1年ぶりに行ったBarのマスターとの会話の中で、
藤原君、VHチケット1枚あるけど行く~? えっ、チケットが1枚
私の視界に入り、即答、行きます!
正味10秒間での出来事だったのです。(笑)
この演出、出来過ぎです!!!
Asachangありがとうね~。
Liveで一番盛り上がったのは、やはり『Jump』でしたが、
私的盛り上がりNo1曲は、『Hot for teacher』!

ドラムのアレックス、この曲ちょっと遅れながらも、かっこよかった!
御年60歳!

新曲で一番好きな曲! New albumはかなり気に入ってます。
エディー、最初のリフから、私吹っ飛んでました!
何よりも曲に忠実。曲のギターソロも、アルバムに忠実。
その姿、パフォーマンスに、本当に感動しました!
Bassのウルフ君! エディーの息子さん。親子ですよ~!
その姿を見て、ウルウルきたのは、私だけではないでしょう。
そして、デイブ! 日本語炸裂!本当に日本好きなんだな~。
日本定住説も信憑性ありあり。
バカボンの『これでいいのだ』を連呼とか、Live中にですよ。(爆)
そして、突然の『石の上にも3年』???
最高でした!
そういえば、高校時代に交換留学生で来ていたパット君も、
手紙に『石の上にも3年』って書いてあって、ふがふふでした・・・。
アメリカ人は好きなのかな~、このフレーズ。(爆)
最後はメンバー4人であいさつ。あんなにたたいたことがない
というくらいに拍手、そして、『ありがとう
って叫んでました!

関連記事