からだの叡智9回目です!
今日は『ゆらぎ』です。
ストラクチュアル・インテグレーション(ロルフィング®)での
解剖の授業で、からだの内部、脳の内部を、見て、触れた時でした。
この内部と同じ物が、私自身のからだの内部にあることに、
驚愕、そしてアートだと思いました。進化における、最高の芸術、創造物
は、人間のからだだと!
そして、複雑な仕組みの中で、それぞれが役割を果たし、全体として
機能していることを学びました。
その中でも、筋肉ってどういうメカニズムで、あのような複雑な動きを
可能にしているのだろうって思っていました。
筋肉は、アクチンとミオシンという2種類のタンパク質分子が、その動き
を司っています。レール役のアクチン繊維の上を、モーター役のミオシン
が動き、力が出来、筋肉が動きます。1995年までは、ATPという、
エネルギー物質1つにつき、音符みたいな形のミオシンが首を、1回振って
ミオシンの頭が歯車みたいにアクチン繊維状を動いている、つまり、
オートマチックなメカニズムが一般的に知られていました。
ところが、このメカニズムに疑問を持ち、研究、そして新たなメカニズム
を発見した方が、柳田敏雄さんです。
岩波講座 物理の世界 物理と情報〈7〉生物分子モーター―ゆらぎと生体機能/柳田 敏雄

柳田敏雄さんは、ミオシンがアクチンの上を、規則的に動いているのでは
なく、前後左右にふらふらしながら、つまり『ゆらぎ』ながら、
よく見るとある方向に動いていることを発見しました。
脳は指令を送るだけです。例えば、『消しゴムを拾いなさい』と指令、
各分子に、どの方向に、どれぐらいの距離で、拾いなさいとは、
言わないのです。この時、ミオシンは、ふらふら動きながら、色々な
方向性の中から、方向、距離を探し、最終的に拾うという、動きが
完了します。
つまり人間は、脳に過度な依存をさせずに、末端の分子という個々が
ふらふら動きながら、『ゆらぎ』ながら、自律的に全体が機能する
というシステムを、進化の過程で、築き上げて来たのです。
この人間の進化、つまり創造の連続が、今の、人間のからだなのです!
そして、進化、創造の源にあるもの、それが『ゆらぎ』なのです。
オートマチック、機械的に動いたり、引かれたレールの上を
歩む人生より、色々悩み、あ~でもない、こ~でもないと、ふらふら
しながら、『ゆらぎ』ながら、自分自身を生きるほうが、自然で、
新鋭、創造性にあふれた、からだの叡智に基づいた、生き方のような
気が致します。勿論悩みながらも、短期ビジョン、長期ビジョンを持って!
(自分自身、長い間ふらふらしすぎですが・・・。笑)
そして、この本は脳からのアプローチで、脳と行動の、そして人間や
生物の驚くべき進化のメカニズムを紐解く、名著です!
単純な脳、複雑な「私」/池谷裕二

今回はご紹介のみ。改めて持論と合わせて、書きたいと思います。
ゆらぎ』第2弾、こっちも衝撃的!
『ゆらぎ』はゆとりにも繋がり、『空』『虚』にも繋がっていく。
ところで、今日食べたい食べ物や、行動も、まずは、自分のからだに訊いて
みることもお勧めです。 からだは語ってくれますよ~。
そして、直感力もUP!アップ

関連記事