からだの叡智』 第2回目です。
今日は、短時間『痛み』解消法!
痛み』・・・ からだの痛みから、こころの痛みまで、
我々、人間は色々な『痛み』を持って、生活しています。
その『痛み』を、我々は恐れ、取り除こうとする。
『痛み』は心地よくないものだ、という感覚。
でも、『痛み』は、自分のからだ、こころからの
なにかしらの『メッセージ』なのです!
無理してるよ~。ちょっと休んでね。みたいな。
しかし、休めない・・・。こうして、『葛藤』が生まれてくるのです。
つまりは、休みたいんだけど、休めない・・・。
もっと怒りたいけど、相手にあわせてしまう・・・。
など。
『痛み』は、そのような人間の内側の『葛藤』が表れたもの、
自分自身の『葛藤』が表面化された、わかりやすいサインなのです。
でも、現実は、忙しいですよね~! 葛藤だらけですよね。(笑)
そこで、簡単な『痛み』解消法です!
『痛み』のある箇所、例えば、今日は左肩の、背骨と肩甲骨の
間が、痛い場合、
その『痛み』の部分に、空気が入るようにイメージして、
ゆっくり呼吸してみて下さい。
痛み』の部分を膨ませ、空気が入るスペースを作る感覚で!
その時、できれば、7秒吸って、7秒吐く、これを2~3分続けて
みて下さい。自然と、痛みが軽減され、からだとこころの
バランスが整ってきて、思考も和らぎます。
2~3分出来ない場合は、1回吸って、吐いてでも構いません。
とにかく、『痛い』箇所に空気を入れてあげてください。
吐く時に、同時にその『葛藤』など、気づいていたら、
一緒に吐き出してしまうのもいいですね!
近くに、同僚、お子様などいらしたら、『痛み』の部分を
呼吸と同時に、押してもらってください。
もの凄く、その部分が緩んできますよ~。
$自然のレッスン ~ 過去のレッスン、現在を生き、そして未来へのレッスンへ
これ、お客様や、友達から大好評のニコニコ
短時間『痛み』解消法です。
私も日頃、やってますよ。(笑)
※ 呼吸については、以前に呼吸(RESPIRATION)で、
ストラクチュラル・インテグレーション(ロルフィング®)との
関係性など、詳しく説明させていただいてます。

投稿者プロフィール

藤原 康生
藤原 康生ROLFSHASTA 代表
からだのこと、こころのこと、魂のこと、各フィールドよりお手伝い致します。愛知県豊橋市ワークルームを中心に、名古屋、浜松、北陸、奈良、東京にて出張S.Iセッションを展開中。ご要望ありましたら、全国出張致します。

関連記事